和歌山市新堺丁の歯医者。3名の歯科医が連携した総合歯科治療を提供します。虫歯や歯周病治療から矯正歯科、インプラントまで対応します。

総合歯科治療を提供する

こじまデンタルクリニック

〒640-8377 和歌山県和歌山市新堺丁2(旧 中谷歯科クリニック)

診療時間
午前 09:00~12:30
午後 14:30~19:00
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

073-433-7775

審美的入れ歯(金属バネのない入れ歯)

ノンクラスプデンチャーについて

ノンクラスプデンチャーとは金具バネを使用しない部分入れ歯です。一般的な部分入れ歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上にのせるピンク色の床、残っている歯に固定するための金属製のバネ(クラスプ)からなります。もちろん、金属製のバネがあるため前歯に近くなればなるほど部分入れ歯を装着しているのが目立ちます。そこで、ピンク色の床の範囲を広げて歯茎を覆うことで維持させて、目立たないように工夫したノンクラスプデンチャーが開発されました。

ノンクラスプデンチャーのメリット

金属製のバネがないので審美性が高い

ノンクラスプデンチャーは、一般的な入れ歯とは異なり、見た目が自然であり、かつ軽くて柔らかいため装着感が高いので、違和感が少ないのが特徴です。

弾力性があるので装着時の違和感が少ない

弾力性があって義歯装着時のフィット感が抜群に良いです。義歯自体も軽いのが特徴です。

汚れが付着しにくいので衛生的 

水分吸水性がほとんどなく汚れや臭いが付きにくく衛生的です。また、耐光性にも優れており、長期間使用しても色の退色や変色が少ないという特徴があります。

ノンクラスプデンチャーのデメリット

保険適用がない

ノンクラスプデンチャーは健康保険の適用がない自費診療になります。そのため、一般的な入れ歯と比べると高額になってしまいます。

全ての症例に対応できるわけでない

とくに残っている歯が少ない場合には適用できないことがあります。

歯肉が痩せた場合は修理が必要

一般的な入れ歯と同様にノンクラスプデンチャーでも、ある程度期間が経つと、歯肉が痩せてきます。歯肉が痩せた場合には、歯肉の形態にあわせた裏打ちと呼ばれる修理が必要です。

※症例に興味のある方はお問合せください。

お気軽にお問合せください

こじまデンタルクリニック

〒640-8377和歌山県和歌山市新堺丁2

お電話でのお問合せはこちら

073-433-7775