和歌山市新堺丁の歯医者。3名の歯科医が連携した総合歯科治療を提供します。虫歯や歯周病治療から矯正歯科、インプラントまで対応します。

総合歯科治療を提供する

こじまデンタルクリニック

〒640-8377 和歌山県和歌山市新堺丁2(旧 中谷歯科クリニック)

診療時間
午前 09:00~12:30
午後 14:30~19:00
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

073-433-7775

歯の移植・再植

歯の移植と再植について

親知らずの移植(自家歯牙移植)

歯の移植は、噛み合わなくなった第二大臼歯や歯列からはみ出した歯を使用することもありますが、一般的には親知らずが最も多く使用されます。例えば、第一大臼歯を失ってしまった場合、その歯を補う為の処置としてブリッジや入れ歯あるいはインプラントを選択することが一般的です。しかし、健康な親知らずがあれば、その歯を抜いて移植することで、失った第一大臼歯の代わりとして利用することができるのです。

インプラントに近い治療方法ですが、自分の歯を使用するため、噛み心地が天然の歯に近く、身体への親和性が高いという利点があります。ただし親知らずの移植は、歯が健全な状態であること、そして歯根の形や歯の大きさが適切であることが条件となります。

そして一定の条件を満たせば健康保険を適応できます。

移植のメリット
  • 歯根膜を残せるので、自然な噛み心地が得られる。
  • 自分の歯なので、拒絶反応が起こりにくい。
  • 条件を満たせば、保険で治療ができる。
移植のデメリット
  • 外科手術が必要となる。
  • 口腔内の状態によっては適応とならない場合がある。
  • 生着しない場合がある。とくに、高齢者の場合は成功率が低下傾向にある。

歯の再植(意図的再植術)

意図的再植術とは、歯の根の先(根尖)に大きな病巣ができたり、根管治療などを行っても良好な結果が得られない場合などに、その歯をいったん抜歯して、根尖の治療を施してから元の位置にもどす(再植)処置を「意図的歯牙再植」といいます。特に第二大臼歯は、「歯根端切除」という根尖にできた膿の袋を除去する処置が困難なことが多く、そのため意図的再植術が選択される場合があります。

お気軽にお問合せください

こじまデンタルクリニック

〒640-8377和歌山県和歌山市新堺丁2

お電話でのお問合せはこちら

073-433-7775