和歌山市新堺丁の歯医者。3名の歯科医が連携した総合歯科治療を提供します。虫歯や歯周病治療から矯正歯科、インプラントまで対応します。

総合歯科治療を提供する

こじまデンタルクリニック

〒640-8377 和歌山県和歌山市新堺丁2(旧 中谷歯科クリニック)

診療時間
午前 09:00~12:30
午後 14:30~19:00
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

073-433-7775

審美治療

審美治療について

審美歯科は、歯本来の機能に見た目の美しさをプラスする治療法です。歯には機能的な側面と審美的な側面がありますが、その両面に焦点をあて、幼年期から老年期まで、その世代にあった口元の健康美を求めていこうというのが審美歯科です。

メタルフリーの時代へ

歯科治療で日常的に使用されている銀歯の素材は金銀パラジウムという合金です。この金属は安全性と言う観点において疑問視される点が多く、 安全基準の厳格な欧米諸国では使用されていません。長期間にわたってお口の中で機能させるものですから、できる限り安全なものを使って頂きたいと私達は考えています。日本では、まだ浸透していないメタルフリー治療ですが、こじまデンタルクリニックではこれからの世界標準となるメタルフリーに積極的に取り組んでおります。

審美性の高いオールセラミッククラウン

セラミックは、天然の歯に近い硬さと強度を備えた陶材です。金属ではないため、金属アレルギーの心配がありません。セラミックは、色調を調整することができます。もちろん、ご自身の歯の色に合わせた自然な色合いから、輝くような白色まで、オーダーメイドの色調を表現することができます。

セラミックは、経年劣化による変色や、臭いの付着を起こしません。また、光を透過させるので、透明感のある美しい仕上がりになります。金属の被せ物を用いた際、金属イオンにより、歯肉が黒ずむことがありますが、セラミックは腐食しない材料なので、歯肉を黒く変色させることはありません。

耐久性の高いオールジルコニアククラウン

ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使用される素材で、従来のセラミックの強度よりはるかに硬く、強靭で科学的に安定した物性を持っています。

しかし、あまりにも硬すぎるため加工が難しく、今まで歯科治療に使うことが困難でありました。工業界では一般的になってきたCAD/CAMという技術を駆使し、ジルコニアの塊(インゴッド)をコンピューターで切削をして製作します。

ただし、セラミックのような透明感がありません。前歯部に使用すると色調が合わないことがありますので、主に臼歯部に使用します。

耐久性と審美性を兼ね備えたジルコニアセラミックククラウン

ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたクラウンです。

オールセラミックでは、連結したブリッジなど強度の点で不安があります。そういった場合に、ジルコニアセラミックを選択すれば、強度を上げると同時に、天然歯と同等の透明感を出すことが可能です。

また、ジルコニアはマスキング効果があるので、歯の土台に土台を使用している場合に有効です。

前歯だけを修復するラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削って、セラミックシェルを歯の表面に貼り付ける方法です。歯を白くするだけでなく、セラミックシェルの形や大きさを調整することで、歯のすき間や形を改善できます。また、歯の表面のエナメル質をごく薄く削るだけなので、歯へのダメージを最小限に抑えることができます。

お気軽にお問合せください

こじまデンタルクリニック

〒640-8377和歌山県和歌山市新堺丁2

お電話でのお問合せはこちら

073-433-7775